加齢に伴って起きると言われるのが生理的飛蚊症です。年齢と共に現れる飛蚊症の為に眼科を受診しても完治は出来ないことが多いそうです。 でも少しでも症状を緩和したい場合は飛蚊症に有効な成分が豊富に配合されているめなりというサプリメントがおススメ出来そうです

飛蚊症の方には「めなり」がおススメ出来ます

視力の衰えや疲れ目などに向けた目に良いとされるサプリメントは
沢山出回っていますが飛蚊症に有効な成分と言えばルテインです。

めなりでは視力の低下に有効な成分がバランスよく高配合されてる
サプリとして有名ですが特にルテインは12mgと配合され、通常一日の
摂取目安量6~10mgを大幅に超えているサプリになっています。
>めなり公式サイトはこちら<<

飛蚊症ってどんな症状

目に起こる加齢の症状は様々なものがありますが、その一つが飛蚊症です。

飛蚊症とは、ものを見ている時に黒い虫のようなものが動いて見える状態のことをいいます。
蚊と名前が付いていますが、動いて見える物の形や大きさは様々で、視線を動かすと追いかけてくるような動きをする場合もあります。

加齢の症状とも言われていますが、発症する年齢は様々で
20代から症状が起こることもあるため注意が必要です。

飛蚊症の見え方


参考:なまため眼科

名称からも見て取れるように、視界の中で居ないはずの蚊が飛んでいるような
見え方をし初めの頃は小さかったものの次第に大きくなってしまう恐れがあります。

もちろん、本当に蚊が飛んでいるわけではなく、硝子体と呼ばれる水晶体の
さらに後方に位置しているゼリー状の組織が透明感を失い、濁ってしまう事に
より引き起こされてしまいます

加齢によって徐々に黒い点や影が増える生理的な飛蚊症の場合は
眼科を受診しても特に治療の必要はありませんが急激に増えたり視界が

見えにくくなった場合などは病的な飛蚊症の可能性がありますので
自己判断せずにすぐに眼科に行ったほうが良いでしょう

飛蚊症の原因

飛蚊症の原因は目の中にある透明なゲル状な硝子体という物質が
加齢によって変化し、一部にシワのような部分が出てきます。

その部分が濁ってしまい、濁った部分が網膜に映ることで虫のような
黒い点が見えるようになります。

また、加齢によって硝子体が萎縮してしまうことで、硝子体の後ろが
網膜から剥がれてしまい、剥がれた部分が黒い点に見るようになることもあるとされています。

飛蚊症には加齢によって引き起こされる生理的飛蚊症と眼病が潜む病的な 飛蚊症に分けられますので、それぞれを解説してみましょう

生理的飛蚊症


参考:飛蚊症.info

紫外線が網膜を通して目に入ると硝子体内に活性酸素が発生し、その後、たんぱく質や
脂質が酸化へと進みます。

そうすると徐々に加齢などの共に硝子体内の組織が変質し硝子体が網膜から剥がれ
硝子体と網膜の間に隙間ができ、これが突然の飛蚊症の最も大きな原因です。

これは加齢とともに自然に起きる生理的現象ですので生理的飛蚊症と呼ばれています。
初めのうちは気になりますが治療の必要がなく症状が急に進まない限りは心配ありません

最近では生活環境の変化で若い方でも活性酸素を分解する酵素の分泌が
減少していることもあり生理的飛蚊症は年々増加傾向にあります。

硝子体剥離自体は病気ではありませんが、網膜裂孔や網膜剥離という病気を引き起こすことがあるので注意が必要です。飛蚊症自体は完全に消えることはありません。しかし慣れてくると、普段はその存在に気付かなくなります。
引用:日本眼科学会